FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲願のJプロツアー初優勝!!!

継続ってやつは、
ルーティーンにしてしまえばなんてことなく続くのに、
一度休んでしまうとなかなか再開できなくなってしまいます。
ブログ然り、トレーニング然り。

ええ、そうです。言いわけです笑

このブログは、自転車の楽しさを発信するということも
もちろんありますが、
毎年同じレースに出たり、観戦に行った時の、
備忘録として使っているという役割もあるわけです。

あのレース、朝何時に出たんだっけ?
とか、
誰が勝ったんだっけ?
とか、
あの時、どこに車を停めたんだっけ?とか。

がしかし、今回は伝えたい気持ちであふれています。

那須ブラーゼンという、発足5年目の地域密着型のチームを、
那須とは全く縁のない私が応援するようになって
まだ2年足らずですが、ついにやってくれました。
エースの吉岡直哉選手がJプロツアーでの初勝利を
チームにもたらしてくれました。

登録選手6人中、西尾勇人選手が怪我の調整で欠場。
5人という、人数的には不利な条件の中で開催された、
第4回宇都宮クリテリウムと、今年初開催の宇都宮ロードレース。

6_convert_20170321073047.jpg


クリテは上手く行かなかったと吉岡選手がブログで書いていましたが、
前年とは違う、確かな手ごたえを感じつつ臨んだ翌日のロードレース。

鶴の上りの一番斜度のきつい辺りを陣取り、
道路いっぱいに広がる選手に声援を送ります。

レースが進み、周回を重ねるごとに、選手たちは歯を食いしばり、
肩で息をするようになっていく中、
吉岡選手は、終始とても静かに、
くるくると軽く足を回して上がっているように見えました。

3_convert_20170321073105.jpg

調子がいいのかな?

残り2周回となると、マトリックスと宇都宮ブリッツェンがきれいな隊列を組み、
先頭をコントロールし始めます。

そしていよいよ最終周回。

ゴール手前50mのブラーゼンサポーターの皆さんと合流し、
選手が来るのを待ちます。

人数を減らし、先頭が見えてきた時、最初に目に飛び込んだのは、
赤色のジャージ。

やっぱり難しいか・・・

と思った瞬間、奥から飛び出してきた黄色いバイクが
目の前を駆け上がってきます。
赤いほうに目が行っていた私は一瞬何が起こったか分からない。

え?ええ?!吉岡選手だ!!!

ゴール手前で後ろを振り返る余裕があるほど、
その勢いの差は歴然。

約1年前、群馬CSCで、同じようにゴール数百メートル手前で飛び出し、
僅差で優勝の機会を逸した彼は、ゴールラインを切ると同時に、
振り上げたこぶしをハンドルに何度も叩きつけていました。

この日はそのこぶしを、思いきり天に向かって付き上げました。

ついにやった!!

その後、次々とゴールに入ってくるブラーゼンの選手たち。
最初に、ラスト1周でエースの吉岡選手を前方に引き上げた岸崇仁選手が
とてもすがすがしい笑顔を湛えながら上がってきました。
次に、序盤から集団の先頭で積極的に動いていたルーキーの柴田雅之選手。
そして終盤、柴田選手と新城選手に代わって、前方で動いた下島将輝選手。

印象的だったのは、最後に上がってきたプロ2年目で最年少の新城銀二選手。
去年の銀二選手は、うつむいてゴールすることが多かったけれど、
この日は沿道のサポーターとハイタッチをしながら満面の笑み。
チームが勝つことの意味をかみしめているようでした。

選手を降りて、今年からスタッフとして奔走する航太くんの眼にも、
清水監督の眼にも涙があふれていました。
結果を出さねばという焦りから、ここのところずっと堅く厳しい表情だった
清水監督のその顔には、安堵と嬉しさがあふれていました。
監督が今まで信じてやってきたことは、決して間違っていなかったんですね。

IMGP5655_convert_20170321101049.jpg

それにしても、応援しているチームが勝つってこんなに嬉しいんだ・・・

記念すべき第1回宇都宮ロードレースの優勝者となった吉岡直哉選手。

彼はインタビューで、
応援してくれる方達のために、と言っていたけれど、
いつも感動を与えてもらっているのは私達の方です。

1_convert_20170321100834.jpg

おめでとう、吉岡直哉選手。ありがとう、那須ブラーゼン。

今年は、栃木県内でのレースがとても増えました。
UCIのツールドとちぎ、Jプロツアーは今回の宇都宮クリテ、宇都宮ロードレースに加え
那須塩原クリテリウムに那須ロードレース、そして大田原クリテリウム。

那須ブラーゼンのスポンサーの一つである那須町は、
人口2万6千人ほどの自然豊かな温泉地で、
観光が主な産業であることから、
通常レースが開催される土日には、仕事を抱えている方が多く、
土日が休日の仕事に従事している方も、
立哨員や運営スタッフなど、ボランティアとして陰でレースを支えている方が殆ど。
そのような事情から、地元の開催のレースと言えども、
メインカラーのイエロージャージに身を包んだサポーターはとても少ない。

それでもこれだけのレースを誘致できる理由は、
そんな方達のサポートによるものに違いありません。

選手、スタッフはもちろん、地元サポーターの方たちにも
最大限の感謝をしつつ、今後のレースが本当に楽しみです。
レースはやっぱり生で見なくちゃ!


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

初シクロ観戦

寒い...
寒いのにたくさんのローディさんたちが外を走っているのを見かけます。

私はと言えば、Zwiftのお陰で、室内トレーニングが充実しておりますので、
ま、無理に外に行かなくてもね、みたいなスタンスですw

そんな寒い中ですが、昨日は宇都宮で開催された
シクロクロス全日本選手権を見に行ってまいりました。

シクロは初観戦。

以前、那須ブラーゼンのパーティで、小坂選手とお話した時に、
シクロも今度見に行きます、とお約束したので、
社交辞令が出来ない私は、何事も有言実行、
行くと言ったら絶対行くのだっ

ま、宇都宮と言う、近場で開催してくれたってことも
大きかったんですがねw

で、会場に着くと、ちょうど女子の選手たちの招集が始まったところ。

オリンピアンの与那嶺選手や、
2016ロード女子の覇者、 唐見選手なども名を連ねる中、
優勝はパナソニックレディースの坂口聖香選手でした。
IMG_5778_convert_20161212093834.jpg

シクロのコースは、急斜面を駆けあがったり、砂地を駆け抜けたり、
自転車をかついで走ったりと、ロードにはない面白さ。

男子はそれに加え、こんなところをそんなスピードで??
とか、
この急斜面を自転車で上がっちゃうの?
的なテクニックも加わり、
あちこちの観戦ポイントをうろうろしているうちに、
1時間のレースがあっという間に終了。
IMG_5785_convert_20161212093847.jpg

応援していた小坂選手にタイトルをとってほしかったけど
若手のホープ、ブリジストンアンカーの沢田時選手が
スタートから攻めまくり、ほぼ独走で首位を譲らず、
圧倒的な強さで優勝しました。
IMG_5801_convert_20161212093922.jpg

冬場のトレーニングとして、シクロがあると聞いたので、
観戦する前は、今年からシクロやる!と豪語していた私ですが、
ま・・・無理でしたね(笑)

しかし、レースは無理にしても、
せっかく近くに【ふるさとの森マウンテンバイクコース】という
いい練習コースがあることだし、
まずはMTBデビューから?という気持ちがむくむと。

一体どこへ向かおうとしているのかw


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
にほんブログ村

スポーツバイクデモと彩湖4時間エンデューロ観戦

彩湖きれいだったなー

とってもお天気が良かった週末、
Y's Roadのスポーツバイクデモとエンデューロが開催されている、
彩湖にドライブがてら行ってきました。

バイクの試乗が出来る会場には
ほんとうにたくさんの人が訪れていて、
自転車ってこんな人気があるんだ!と驚くほど。

物販メインで行ったのですが、
激安のアウトレット会場では
残念ながらこれといって欲しいものは見当たらず、
そろそろゴールのエンデューロの方へ目を向けると、
ゲストライダーのマトリックスの選手たちや、
一般のライダーに交じって、見覚えのあるジャージの方が。

20161124_convert_20161206144007.jpg
那須ブラーゼンの高木選手です。

それぞれのオフを過ごしている選手たち。

来シーズンの活躍が楽しみです^-^


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
にほんブログ村

サイクルモードに行ってきました2016


週末は風が強かったけどいいお天気でしたので、
ドライブがてらサイクルモードに行ってきました。

幕張と言えば4年前、サイクルモードと同時開催されたエンデューロで
nocci(♂)さんが落車に巻き込まれ、血まみれになり、
私yuni(♀)は交代直前で、結局1周も走らず終了という
苦い思い出の場所ですw

お昼頃に到着し、まずはクリテを観戦しようと
4年前に走った海浜公園方面に迷わず向かうと、
ん?なんか人気がない・・・
地図を確認すると・・・あ、場所が違うのね^-^;

ってことで、急いでレース会場に向かうと・・・

お、走ってる♪

優勝はシマノの19歳、水谷選手でした。
エキシビジョンとはいえ、どのレースでも勝つのは難しいはず。
若手の頑張りに拍手を送りましょう。

さて、レースを見終えたので、サイクルモードの会場へと向かいます。

一通りブースを回った後、パールイズミさんのブースへ。

3.jpg

栗村さんと若さま、パラサイクリングの現世界チャンピオン藤田選手と
那須ブラーゼンの下島選手によるトークショーです。

先日、YAHOOニュースに出ていた藤田選手のこちらの記事↓

リオ超人烈伝「ただ一人の「勝者」となるために」

とても厳しいことを自分に強いている、
とてもストイックな人なんだろうと想像していましたが、
実際の藤田選手は、自然体で明るくポジティブな方でした。

一方、那須ブラーゼンの下島選手は、
22歳のルーキーで、最近メキメキと実力をつけてきた
長身でイケメンの好青年。
まだメディアに登場する機会は少ないはずのに、
たくさんの聴衆の前でも臆することなく、すらすら話せるのは素晴らしい。

下島選手のブログを読むと、
自身が勝つこと、強くなることだけでなく、常にチームとしての
自分の立場を考えていることにとても好感が持てるし、
だからこそ、エースの吉岡選手の信頼も得ているんでしょうね。

ロードレースは、1位とそれ以外で、
エースのためにアシストがレースを下りることもしばしば。
選手である以上、誰もが勝ちたいと思っているはず。
それでも、自己犠牲の上にチームの勝利があると言うことを、
十分に理解している彼らの走りについて、
シマノレーシングのエースである入部選手が、
先日のレースで見せた吉岡選手と下島選手の絆について、
羨ましいという言葉と共に、自身のブログで綴っています。

大分クリテリウム

ロードレースは奥が深い。
知れば知るほど魅力的なスポーツです^-^


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
にほんブログ村

遅ればせながら・・・

先週末は9度目のジャパンカップ観戦へ。

今年もフライヤー配布のお手伝いをしつつ、
2日間、アジア最高峰のレースを堪能しました。


ぶれぶれのカンチェラーラw

今年で引退を表明しているカンチェラーラですが、
レースを走らなくても日本には来るよ、といってくれているとか。
うれしいですね^-^

クリテリウムは、TREKのフミが2連覇。
やっぱり日本人選手が活躍するレースは楽しい。

翌日のロードレースは、8万5千人が詰め掛けました。

IMG_5460.jpg

レースは、ジャパンカップスペシャルカラーで挑んだ
TREKがコントロール。

残り2周でレースが動き、集団が崩壊。
地元ブリッツェンの増田選手や雨澤選手、
ブリジストンアンカーの西園選手や日本チャンピオンの初山選手など、
国内選手も苦しそうな表情ながら何とかくらいつくも、
優勝したのはキャノンデールのヴィッレッラ。25歳。

ジャパンカップで優勝した選手の、来シーズンの活躍が楽しみです♪

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
にほんブログ村
プロフィール

yunicci

Author:yunicci
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。